姫に群がるオタクの作法

オタクが日々思ったことやったことを書き連ねるところ

早漏対策

末代アドベントカレンダー12/23になります、完全に忘れてたので2日遅れで書きました。

概要

さて、今回は僕が数年間取り組んでいる早漏への対策の話をしようかと思います。 早漏とは読んで字のごとく射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなることをいいます、大変ですね。 僕が初めてオナニーをしたのは中学一年生の夏ごろだったと思います、同学年の男子がみんなオナニーを進めてくるのでやってみました。 最初はいくらコスっても射精にたどり着けずなかなかオナニーを完遂できなかったのですがオナニーチャレンジ都合8回目あたりでAVを見ながらオナニーをしていたら女優さんが男優の性器を攻めるときに亀頭を擦っているのを見て学習しました、「そうか亀頭から大胆に下に擦れば刺激が強くなる!」気づいたときはずいぶんと感動したものです、おかげさまで射精を達成することができました。 それからというもの僕は中学時代毎日のようにオナニーをしてティッシュに、そして便器に精子を解き放っていました一日3回毎日欠かさずにです、さて毎日のように3回射精することを義務としていたチンコはどうなるでしょうか?そうです早漏になります。

早漏になってから

中学生活毎日のように射精したおかげで高校に入るころには立派な早漏になっており擦って30秒後には射精できるようになっていました、早いことは美徳なこともありますがこと自慰行為において僕は早いことに魅力を見出せませんでしたので対策を考えることにしたのです。

対策その1「タッピング」

タッピングとはいわゆる自慰の手法のひとつで完全に勃起した陰茎の茎の部分をカギ状にした指先でつつく方法です、この際敏感な亀頭はつつきません。 ゆっくり「トントン」とつついたり、リズミカルに「タタタッタタッ」と連打してみたりつつき方は自由です。

30秒で射精しました。

対策その2 「接触面積を減らす&動かさない」

前回の方法は失敗したので今度はオナニーをする際に接触する指の本数を減らしさらに指を動かさないことで刺激を少なくし射精への時間を減らすことにしました。

3本、2本、1本と減らし早漏が強化されて行きました。

対策その3「触れない」

指の本数を減らしても意味がないことを悟ったのでこの際チンコに指一本触れないようにしました、その状態でどのように射精をするかというといわゆる「想像」です。 想像でチンコに様々な感触を感じさせるのです、こればかりは感覚なので言語化が難しいのですが例えて言わせてもらうなら犬などを触った時のモフモフとした感触を一度味わえばなんとなく触っていなくても思い出せますよね?その感覚を陰茎に再現する感じです。

結果から言わせてもらえればこの方法を用いれば射精に30分かかるので早漏対策としては成功しました、ただこの方法用いて射精をしたときに射精時に目の前が真っ暗になるということが必ず起きるのであまり体に良くないと思います、あとバイト先で「ノーハンド」というあだ名がつきました。

おわりに

こんかいの記事は以上で終了になります、完全にカレンダーのことを忘れていたので荒い文章になってしまいました次回は計画的にやっていきたいと思います。